UTokyoGSC

これまでの成果・実績

2021年応募者数

一次選抜

2021年一次選抜
応募者数 219名
合格者数 77名
男女の割合 男子30名 / 女子47名
UTokyoGSC
コンソーシアムからの
合格者
14名
秋田県1名、埼玉県3名、東京都7名、横浜市2名、福井県1名
関東・遠方 関東64名
茨城県3名、埼玉県6名、千葉県6名、東京都37名、神奈川県12名
遠方13名
北海道4名、山形県1名、秋田県1名、愛知県1名、福井県1名、兵庫県1名、福岡県1名、佐賀県1名、沖縄県2名
第一段階の途中で中間選考を実施。
40名を選出した。

2020年応募者数

一次選抜

2020年一次選抜
応募者数 122名
合格者数 63名
男女の割合 男子27名 / 女子36名
UTokyoGSC
コンソーシアムからの
合格者
13名
岩手県2名、秋田県1名、埼玉県2名、東京都4名、横浜市3名、滋賀県1名
関東・遠方 関東46名
茨城県5名、埼玉県2名、千葉県4名、東京都28名、神奈川県7名
遠方17名
北海道1名、青森県1名、岩手県2名、秋田県1名、山梨県1名、愛知県1名、三重県2名、滋賀県1名、京都府1名、大阪府1名、岡山県2名、福岡県1名、熊本県1名、沖縄県1名
第一段階の途中で中間選考を実施。
41名を選出した。

二次選抜

2020年二次選抜
第二段階希望者 33名
合格者 19名
男女の割合 男子11名 / 女子8名
UTokyoGSC
コンソーシアムからの
合格者
5名
東京都2名、横浜市1名、滋賀県1名、秋田県1名
関東・遠方
(在籍校所在地)
関東14名
茨城県1名、千葉県2名、東京都10名、神奈川県1名
遠方5名
北海道1名、秋田県1名、愛知県1名、滋賀県1名、熊本県1名

2019年応募者数

一次選抜

2019年一次選抜
応募者数 52名
合格者数 40名
男女の割合 男子20名 / 女子20名
UTokyoGSC
コンソーシアムからの
合格者
11名
岩手県1名、秋田県1名、埼玉県2名、東京都1名、神奈川県1名、横浜市2名、福井県3名
関東・遠方 関東26名
茨城県2名、埼玉県3名、千葉県2名、東京都15名、神奈川県4名
遠方14名
北海道1名、岩手県1名、宮城県1名、秋田県1名、福井県3名、愛知県1名、三重県1名、広島県1名、徳島県1名、愛媛県1名、福岡県1名、宮崎県1名

二次選抜

2019年二次選抜
第二段階希望者 33名
合格者 15名
男女の割合 男子6名 / 女子9名
UTokyoGSC
コンソーシアムからの
合格者
5名
岩手県1名、秋田県1名、埼玉県1名、神奈川県1名、横浜市1名
関東・遠方
(在籍校所在地)
関東10名
茨城県1名、埼玉県1名、東京都6名、神奈川県2名
遠方5名
岩手県1名、秋田県1名、愛知県1名、広島県1名、宮崎県1名

2021年受賞一覧

UTokyoGSC
東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO

2021年度UTokyoGSC
受賞者一覧

021年受賞者

グローバルサイエンスキャンパス
令和3年度全国受講生
研究発表会

優秀賞・受講生投票賞

小松勇輝さん(立命館慶祥高等学校2年)

『外出自粛時における装着型ウエアラブルディバイスを使った会話量測定』

優秀賞

奥村万美さん(渋谷教育学園渋谷高等学校2年)

『F特異大腸菌ファージGIIIの可能性~糞便汚染を測る新たな指標になりうるのか?~』

優秀賞

増田映旗さん(城北高等学校2年)

『チャイロコメノゴミムシダマシのプラスチック分解能力に関する考察』

第19回高校生・高専生科学技術チャレンジ(JSEC2021)

ソニー賞・優秀賞

武重翔竜さん(千代田区立九段中等教育学校6年)

『関東地方と周辺における豪雨時の風向の地域性・地形性の解析』

The 18th IEEE TOWERS

Outstanding Presentation Award

野村真菜さん(市川高等学校3年)

『デジタルメディアが文章の空間認識に与える影響』

Undergraduate Student Award

塚本想也さん(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校2年)

『視線変更モデルの個人適応のための目領域画像合成手法』

2020年受賞一覧

UTokyoGSC
東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO
Koharu Alicia Senda
UTokyoGSC
Effects and Mechanisms of Mesechymal
Stem Cells on Endothelial Cells.
Koharu Alicia Senda ( Hiroogakuen high school, 3rd grade )
Supervisor : Yukiko Matsunaga ( Institute of Industrial Science, The University of Tokyo )
千田小春アリシアさん
【研究テーマ】間葉系幹細胞が血管新生に与える影響とそのメカニズム
【所属学校】広尾学園高等学校3年
【指導者】松永 行子 准教授
【指導研究室】東京大学生産技術研究所 松永行子研究室
【受賞歴】グローバルサイエンスキャンパス令和2年度全国受講生研究発表会
審査委員長特別賞
UTokyoGSC
東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO
Ryoya Kuge
UTokyoGSC
Interaction between Tricholoma
matsutake and Mycorrhizobacteria
Ryoya Kuge, Saitama Prefectural Matsuyama High School 3rd grade
久家 諒也さん
【研究テーマ】マツタケとマツタケ菌根圏細菌との相互作用の解明
【所属学校】埼玉県立松山高等学校3年
【指導者】松下 範久 准教授
【指導研究室】東京大学農学研究科 森林植物学研究室
【受賞歴】グローバルサイエンスキャンパス令和2年度全国受講生研究発表会
受講生投票賞
UTokyoGSC
東京大学 THE UNIVERSITY OF TOKYO
Ryoya Kuge
UTokyoGSC
藤原 夏菜香さん
【研究テーマ】
荒砥沢地滑り現場から採取した土の一面せん断特性
【所属学校】岩手県立一関第一高等学校3年
【指導者】桑野 玲子 教授
【指導研究室】東京大学生産技術研究所 桑野玲子研究室
【受賞歴】第17回地盤工学会関東支部発表会
(GeoKanto2020)優秀発表者

第二段階研究テーマ一覧
二期生(2020 年度)

研究室 研究テーマ
工学系
研究科
都市衛生工学研究室 F 特異大腸菌ファージGIII の可能性
~糞便汚染を測る新たな指標になりうるのか?~
松尾豊研究室 Dynamic Questioning: 強化学習を用いた生徒の学習意欲維持と学習の効率化を両立する出題アルゴリズム
峯松信明研究室 個人特有の体内音への新たなアプローチ
理学系
研究科
細胞生理化学研究室 ミツバチの記憶学習能力の発達に関わるコミュニケーションの探索
農学生命
科学研究科
放射線動物科学研究室 新規EPA 代謝産物が肥満細胞の脱顆粒に与える影響
水産化学研究室 プラナリアの再生におけるがん抑制メカニズムの解析
森林化学研究室 白色腐朽菌による生分解性プラスチック製品の分解
生物制御化学研究室 キャベツのモンシロチョウに対する抵抗性と摂食者がキャベツに与える影響についての考察
環境保全工学研究室 チャイロコメノゴミムシダマシのプラスチック分解能力に関する考察
総合文化
研究科
晝間敬研究室 窒素固定生物を利用したバイオ窒素ビーズ肥料の作成
情報理工学
系研究科
数理情報第2 研究室
(定兼・平井研究室)
データ圧縮の可能性
坂井・入江研究室 デジタルメディアが文章の空間認識に与える影響
生産技術
研究所
菅野裕介研究室 視線変更モデルの個人適用のための目領域画像合成手法
瀬崎薫研究室 外出自粛時における装着型ウエアラブルデバイスを使った会話量測定
物性研究所 松田康弘研究室 磁気分離を用いた紙とインクの分離について
先端科学
技術研究
センター
中邑・近藤研究室 計算能力と視覚認知の関連性及び学習指導への応用
中村尚研究室 関東地方と周辺における豪雨時の風向の地域性・地形性の解析

・受講生1名に対して、教員・スタッフや大学院生(TA)という指導体制
・対面での活動が難しい場合は、ZoomやSlackを使って指導

第二段階研究テーマ一覧
一期生(2019年度)

研究室 研究テーマ
生産技術研究所 中野公彦 研究室 乗り物酔いを抑制するインターフェースの開発
吉江尚子 研究室 Nacre-mimetic compositesとその生分解性について
大島まり 研究室 Oculus riftを用いた脳の血流のVirtual realityの開発
松永行子 研究室 間葉系幹細胞が血管新生に与える影響とそのメカニズム
金秀炫 研究室 血中循環がん細胞の高純度分離の為のフィルタ開発
桑野玲子 研究室 地盤の極端挙動:火山性土に見られる
長距離流動のメカニズムの解明
関本義秀 研究室 人流データの分析と可視化
本間裕大 研究室 数学的手法による生け花の美しさの分析
芳村圭 研究室 全世界の発電量を水力発電で補うことは可能か
佐藤文俊 研究室 新型コロナウイルス創薬標的候補ヌクレオカプシドのウイルスゲノムRNA結合ドメインの電子状態
竹内昌治 研究室 家でできる細胞ファイバー
川添善行 研究室 光における定量化と感性の一致とずれに関する考察
農学生命科学研究科 獣医学専攻
実験動物学研究室
ハリナシバチ由来プロポリスは有望な新規素材となるか
森林科学専攻
森林生命環境科学講座
マツタケと土壌微生物の関係性の研究
応用生命工学専攻
応用微生物学研究室
鉄酸化細菌の研究

・受講生1名に対して、教員・スタッフや大学院生(TA)という指導体制
・対面での活動が難しい場合は、ZoomやSlackを使って指導